グランドキャニオン日帰りツアーの感想(レイクパウエル・ホースシューベント・アンテロープキャニオン・グランドキャニオン・ルート66)

ラスベガス
クマスケ
クマスケ

ラスベガス旅行が決まったよ!!

クマ子
クマ子

ラスベガスと言ったらグランドキャニオンだよね(^^♪

本記事では、ラスベガス旅行をした際に訪問した、グランドキャニオンを中心とした日帰りツアーについての感想やレビューを行います。

ツアーの内容から、それぞれ訪れた観光スポットの写真や感想、併せて服装などの注意点も解説します。旅行する方も、旅行気分を味わいたい方もぜひとも最後まで読んでいってくださいね♪

グランドキャニオン日帰りツアーの内容

まずは今回ご紹介する、グランドキャニオン日帰りツアーの概要について解説していきます。

申し込んだのは、VELTRAというツアー会社で1番人気の「ルート66をたどる!グランドキャニオン&アンテロープ&ホースシューベンド&レイクパウエル日帰りツアー/夜7時頃ラスベガス帰着<貸切プランあり/日本語ガイド>」というプランで、一人300ドル程度のツアーとなります。(申し込む日によって値段は前後するようです。)

゜:*★ラスベガスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

こちらのツアーで回ってもらえる観光スポットは次の通りです。

【ツアーの概要!!】

  • 集合~移動
  • レイクパウエル
  • ホースシューベント
  • アンテロープキャニオン
  • グランドキャニオン
  • ルート66
  • その他のおまけ

ご覧の通り、普通の日帰りツアーでは回れないようなたくさんの観光スポットを見ることができます。その分なかなかハードな移動になりますが、時間を有効活用できるので、とても良かったですよ。

クマスケ
クマスケ

ここから順番に観光スポットを解説していくね♪

集合~移動

まずは朝の2時ごろにホテル前のロビーに集合して、バスに乗り込みます。

バスは10人乗りぐらいの大きなバンのような車でした、決して高級とは言えないものでした。

運転手さんは、日本人の方で軽くガイドしてくれながら目的地に向かいます。

フリーウェイをぶっ飛ばしてグランドキャニオン方面へ向かうため、車は揺れるし跳ねるしで少々不安になれますが、30分もすれば慣れました!笑

セブンイレブン

移動の途中で休憩に立ち寄った、セブンイレブンです。

セブンイレブンの店内

セブンイレブンの店内は日本とは違ってとっても広くて不思議な気持ちになりました。写真にはありませんが、ホットドックを自分で作るようなコーナーもありました。

休憩をしつつ4時間ほど移動することで、第一の目的地「レイクパウエル」に到着です♪

レイクパウエル

レイクパウエル

まずは「レイクパウエル」です。

レイクパウエルは全米で2番目に大きな人工湖。
なんとその水量は、満水時には琵琶湖に匹敵するほど(現在は琵琶湖の約6割の水量)。
つまり、琵琶湖を人間の手で作り上げてしまったことになります。

出展:旅行情報ポータルサイト

こちらにある通り、とんでもなく大きな人口の湖なのですが透き通る水がとても綺麗で幻想的でした。

ツアーは始まったばかりです。それでは次の「ホースシューベント」に向かいましょう!!

ホースシューベンド

ホースシューベント

続きまして「ホースシューベント」となります。

道中

バスが駐車場に止まってから、このような砂地の道を15分程度歩くと目的地に到着です。

脚を投げ出しての記念撮影です!

一見普通に撮っているように見えますが、足の先は崖になっており落ちたら確実にヤバいです><

実は緊張しすぎて足をつりかけてとても大変でした。。。

クマスケ
クマスケ

本当に危険だから、今思うと恐ろしいよ><

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン

続いては「アンテロープキャニオン」になります。

本当にこんなに綺麗な写真が撮れるの!?と思うでしょうが、撮れるのです。

そう、iPhoneならね(^^♪笑

実は、ガイドさんが写真の最適な設定を教えてくれて、実物以上に素敵に撮れているというのは秘密です(^_-)-☆

冗談はさておき「アンテロープキャニオン」とは、ナバホ族の私有地とされており敷地内に入るにはお金(40ドル)がかかります。

また、写真撮影等もナバホ族の方と一緒にする必要があり、厳しく規制されている状態でした。

とはいえ、ナバホ族の方は全然原住民という感じではなく、普通のアメリカ人でiPhoneも持っているそうです!笑 

受付を済ませたら、このような砂地を5分ほど歩きます。

青い服にリュックサックを背負っている方が、ナバホ族の方となります。

階段

その後、階段を下っていきます。

中にはこのような幻想的な景色が広がっており、約1時間ほどゆっくりと写真を撮りながら進んでいく形となります。

その中で、ナバホ族の方が色々な写真を撮ってくれてとても楽しかったです。

クマスケ
クマスケ

英語は喋れないけど問題なかったよ!

グランドキャニオン

 グランドキャニオン

お待たせしました。

本ツアー最大の見せ場「グランドキャニオン」となります。

これまでの観光スポットも素晴らしかったですが、やはりグランドキャニオンの圧倒的なスケールや雄大さは別格でした。

写真ではなかなか伝わりずらいのが残念です。

またまた、脚を投げ出しての記念撮影です!

今回も、足の先は崖になっており落ちたら確実にヤバいです><

後から知ったのですが、私たちのような写真を撮ろうとして転落する人が後を絶たないようです。旅行中は気分が高まっていて少し無茶をしてしまいがちですが、せっかくの楽しい旅行を台無しにしないためにもあまり無理はしないでくださいね♪

 

写真奥に見えるのが展望台です。

お土産屋

不思議なお土産屋さんもありましたが、欲しいものはなかったです!笑

グランドキャニオンで注意することとしては、虫よけスプレーを持参してください。写真では分からないですが、小さな虫が大量に飛んでいます。嫌でもたくさんまとわりついてくるので、虫よけスプレーをしておくことをお勧めします!!

ルート66

ルート66

そして最後は「ルート66」です。

ここは映画やCMなどに使われたとても有名な道路となります。

バスではイケてるアメリカの音楽を鳴らしてくれるので気分はノリノリでした♪ 

ルート66

今ではほとんど使われていない道路だそうで、ほとんど車は走っておりません。

こちらは思わずルート66の真ん中で寝転がってる様子になります(^^♪

 お土産屋

その後、お土産屋さんにも連れて行ってもらいました。

ルート66 店内

店内の様子です。ルート66にまつわるお土産がたくさん販売されておりなかなか楽しかったです。

思わず、マグネットを購入してしまいました!!笑

クマスケ
クマスケ

家の冷蔵庫に貼っているよ♪

その他のおまけ

最後におまけとして、昼食と服装について解説していきます。

昼食

SUBWAY

今回参加したツアーでは、昼食にSUBWAYと水とポテチをいただきました。

SUBWAYは日本にもあるので知っている味で安心感がとってもあり、美味しくいただけましたよ♪

服装

本ツアーでは基本的にほとんどバス移動なので、半袖と何か長袖の羽織れるものがあれば問題ありません。

外に出た時もどちらかというと暑いぐらいなので、心配はないかと思います。

ただし、グランドキャニオンの虫が気になる方は、長袖を着ていくのも1つの手ですね♪

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、グランドキャニオン日帰りツアーでの様子をお届けしました。

ラスベガス旅行を考えている方は体験する価値が十分にあると思うので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

゜:*★ラスベガスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

クマスケ
クマスケ

ばいば~い!!

コメント