お金

税金・社会保障

妊娠出産で貰えるお金(出産一時金・出産手当金・育児休業給付・等)について解説します!

本記事では、妊娠して子供を授かることが決まったら、パパ・ママが国から貰える手当てについてまとめました。 新たな命を授かることはとても嬉しいことです。国や自治体が全力でフォローしてくれる仕組みがあるので具体的に紹介していきます!!
税金・社会保障

【サラリーマン】雇用保険に含まれる手当て(失業給付・再就職手当・育児休業給付・等)を解説します!!

本記事では、サラリーマンなら必ず加入している雇用保険で貰える手当てについて分かりやすく解説していきます。 強制加入であるので選択の余地はないですが雇用保険の仕組みをしっかり理解して貰えたらと思います。また、「雇用保険に含まれる手当て」を知っていることで、将来の不安が減ったり、保険の見直しに繋がるのではと思います♪
税金・社会保障

【サラリーマン】労災保険に含まれる手当てを紹介します!

本記事では、サラリーマンなら会社が加入してくれている労災保険について、手当の内容を解説していきます! 労災保険とは、業務上で怪我をした場合お金がもらえるものになります。具体的にどの程度の金額をもらえるのかを紹介するので知っていて損はないと思いますよ♪
税金・社会保障

【医療保険は不要!?】高額療養費制度を利用した場合の入院医療費を考察します

本記事では、健康保険に加入していれば自動的に手当てとしてついている、高額療養費制度があれば医療保険が不要なのでは!?という疑問について考察していきます。 高額療養費制度があることで、支払う医療費はかなり抑えることが出来ます。そこで本記事では、実際に必要な費用や先進医療について考察しましたので参考になれば幸いです♪
税金・社会保障

失業給付(失業保険)を貰いながら扶養に入ることはできるのか!?【サラリーマンから専業主婦へ】

本記事では、サラリーマンを辞めた後に、失業給付(失業保険)を貰いながら扶養に入ることが出来るのかを解説していきます。 サラリーマンをしていると、雇用保険に加入するため仕事を辞めた際に失業給付(失業保険)をもらうことが出来ます。この失業給付(失業保険)を貰いながら扶養に入れるのかどうかを説明していきます!!
税金・社会保障

正社員を退職して扶養に入った場合に支払う金額を解説します!【税金・社会保障】

本記事では、これまで正社員で働いていた方が、パートやアルバイトなどに仕事を変えることで扶養に入った場合、支払う必要のある税金や社会保障の金額について解説していきます。 これまで正社員で働いていた場合、給料から自動的に税金や社会保障が引き落とされているため意識する必要はありませんでした。しかし、一度会社を退職するので、これらの支払いをご自分で対応する必要があるので、必ず確認しておきましょう♪
税金・社会保障

パート・バイトで扶養に入るための収入金額を解説します!【103万円?130万円?150万円?】

本記事では、パートやバイトなどの仕事に就く際に、扶養に入るために稼いで良い金額(103万円、130万円、150万円の壁)について解説していきます。 扶養に入るかどうかを何となく決めるのではなく、税金や社会保険の仕組みを理解した上で収入を決めれるような手助けになるので、最後まで確認してくださいね♪
税金・社会保障

【サラリーマン】国民年金・厚生年金・その他手当てについて解説します!

本記事では、サラリーマンから見た、国民年金・厚生年金の仕組みについて解説していきます。また、年金の支払額や受給額だけでなく、その他の手当てについても説明していきます。 サラリーマンの場合、強制加入であるので選択の余地はないですが年金の仕組みをしっかり理解して貰えたらと思います。
税金・社会保障

【医療保険は不要!?】健康保険に含まれる手当て6つを解説します!

本記事では、健康保険に含まれている様々な手当ての中で特に知っておくべきものについて解説していきます。 健康保険は、医療費が3割引きになる以外にも様々な手当てがあります。 この手当てを知っているだけで、将来の不安が減ったり、医療保険の見直しに繋がるのではと思います。まずは、ご自分が加入している健康保険に含まれている手当てを知ってもらう機会になると嬉しいです♪
税金・社会保障

【サラリーマン】給料から天引きされる所得税・住民税・保険・年金についてに簡単に解説します!

我々サラリーマンといえば毎月の給料(額面)から、税金・保険・年金と天引きされた金額(手取り)を会社から振り込まれているかと思います。 本記事では、サラリーマンの方に向けて、所得税・住民税・保険・年金がどのようなルールに基づいて給料から天引きされているのかを解説していきます。 給料から天引きされているものはサラリーマンの場合払うしかありませんが、自分が支払っているものの内容をしっかりと理解することで、支払い損にならないようにしたいですね。